アダバイオ研究梅林 春に向けて…

アダバイオ研究梅林では、開花に向け11月頃から草刈り・剪定を開始します。 

また剪定かよ!!と、お思いの皆さん! 
『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』
と、いうくらい梅栽培において剪定は大事な作業のひとつなのです!! 

夏に剪定をしたのに、もうボサボサ…。 
ですが、冬の間、枝は伸びません。 
日陰の枝には花芽がつかず枯れやすいため、実がなる枝によく日が当たるよう切り揃えてあげる必要があります。 綺麗に枝が整った状態で開花を迎えるためには、この時期がチャンスです。

剪定枝の破砕

切り落とした枝は、破砕機にかけチップ状にしてから、梅林に肥料として撒きます。 今回は、昨年の剪定枝を破砕しました。剪定してすぐの枝でも破砕できますが、時間を置いたものの方が乾燥し破砕しやすくなります。
夏に引き続き、冬の剪定講習も参加してきました。夏同様、講師は西部農業事務所の方ですが、今回はお二人の先生が通常コースと初心者コースに分かれて指導してくださいました。 もちろん私は初心者コースです。