アダバイオ研究梅林 開花

2016年からは梅の花が咲く季節に、養蜂農家さんからお借りしたミツバチの巣箱を置いています。 ミツバチたちが蜜と一緒に花粉を運んでくれるおかげで、受粉することができ、夏には大きな実が収穫できるわけです。しかし厳しい寒さが続いたり、風が強いと、いくら花が咲いていてもミツバチたちが活躍できません。実際に2017年は、道路際や川沿いなど風が当たる場所の木には実りが少なかったです。 ちなみにこの梅の蜜はミツバチたちの食糧となってしまうため、私たちが梅のはちみつを味わうことは難しいようです。 

 
箕郷梅林では、梅の開花時期に梅まつりが開催されます。会場では梅ジュースや梅まんじゅうなどの梅製品の販売も行われ、花より団子の私でも満足できそうです。 詳しい情報は高崎市ホームページへ。