アダバイオ研究梅林 収穫

待ちに待った収穫です!社員がシフトを組んで梅林に行き、2週間ほどかけて収穫します。まず、手の届く範囲はひとつひとつ手もぎで丁寧に収穫し、高いところは、下にネットを敷き、竹の棒でつついて落とします。青梅は実が硬いので、頭に落ちると帽子をかぶっていても、なかなかの痛さです。梅と一緒に毛虫も落ちてくるので、暑いですが、服装は長袖が必須です。 最終日には、社員の松澤さんのご実家から振動機を借りてくることができたので、初めてお試しさせてもらいました。素人の私がやってもイマイチでしたが、玄人の松澤さんが使うと落ちる!落ちる!動画がありますので是非ご覧ください。

梅林には、カエルやナナフシ、てんとう虫、さらには羽の綺麗な雄のキジがみられ、私は楽しくてたまりませんでした。しかし…、さすがの動物好きの私でもショッキングなことが…!ある日、社長と一緒にネットを敷こうと、木のたもとまでネットを手繰り寄せたその瞬間!!そこには、無残にも食べられたシマヘビさんが…!!ひるむ私…、私を置いて逃げる社長…!悲劇でした。あとで調べてみると、キジがヘビを食べるとのこと…犯人はキジで間違いない思われます。思わぬキジのワイルドさに驚きましたが、桃太郎がキジを鬼退治に連れて行くのもうなずけます。