カラダと呼吸のこと

"口"での呼吸が不調の原因!?

呼吸

普段、無意識に行っている呼吸、どこから息を吸って、どこから吐き出していますか?
哺乳類は、鼻から呼吸する生き物で、私たち人間も 本来は鼻で呼吸をするようにできています。 ところが、最近は 口で呼吸する人が増えています。
鼻で呼吸をすること(鼻呼吸)で、雑菌等の進入を防ぎ、空気を加温・加湿して体に最適化された状態で取り込むことができます。しかし口で呼吸をすると(口呼吸)、 それらのプロセスを行うことができません。
そのため、口呼吸をつづけていると扁桃や上咽頭( 鼻とノドの間の部分 )が炎症を起こし、長引く咽頭痛などの症状や、様々な疾患を引き起すことがわかってきました。
さらに、口呼吸が長期にわたり習慣化してしまうと、歯並びにも悪影響を及ぼします。

舌の正しい位置?

舌の位置

舌の先はどこにありますか?
口を閉じたときに舌の先が上あごの先端につくのが正常な位置です。
口呼吸の人は、舌を拳上する筋力(舌圧)が低下してしまうため、舌の先が上の前歯の裏につきます。
口の体操をすることで舌の位置が正常化し、鼻呼吸しやすくなります。

鼻呼吸をしよう!

かいうべ体操

鼻呼吸を習慣化するためには、口の周り(口輪筋)や舌の筋力をアップする体操が効果的です。
みらいクリニック院長 今井一彰先生が考案した『あいうべ体操』をベースに舌の体操を強化した、『かっ!い〜う〜べ〜体操』をご紹介します。
イラストのように大きなおくちで1日30セットを目安に行います。
ただし、あごに痛みがある場合は、「い〜う〜」のみを行い、無理をせずに継続することが大切です。

寝ている時の呼吸が気になる時には

口テープ

夜、無意識に口呼吸をしてしまわないように、優肌絆などのサージカルテープ(医療用テープ)を就寝時に口に貼って寝る方法もお勧めです。
薬局等では、優肌絆などのサージカルテープをもとに口専用に作られた口テープも販売されています。 5cm程度のテープをややきつめに閉じた口の中央に縦に貼って寝るだけです。はがすときは上からゆっくり、はがしてください。(幼児や、自分の意思で口テープをはがせない方、鼻づまり等により鼻からの呼吸が困難な方は使用を避けてください。)

口呼吸 撲滅!

AdaBio株式会社では、口呼吸による体の不調で悩む方に、鼻呼吸と健やかな毎日を続けていただけるよう、鼻呼吸の大切さを広く知って頂きたいとの願いから 口呼吸をやめて鼻呼吸を習慣化する『口呼吸撲滅活動』をすすめております。

かいべポスター

『かっ!い〜う〜べ〜体操』を毎日忘れず行えるように、お風呂ポスターを作りました。

鼻呼吸ポスター

鼻呼吸の大切さを知っていただける『鼻呼吸啓蒙ポスター』もございます。

ご希望の方は、 電話 【 0120-87-0615 】 または リノローション専用お問い合わせフォーム より弊社までお問合せ下さい。